今までに咲いたプルメリアの花

プルメリアの栽培経験は2005年から。
そう考えると、もう19年!

去年は、念願のシンガポールホワイトが開花し記事に残しました

他の種類の花たちの記録を残しておきます。

プルメリアを育てる点で、一番大変なのは、冬の間は室内管理になること。
1mを超えるような大きな株でも、もちろん室内管理。
ルブラ種は、葉を落として幹だけになる場合も(落ちないものもあります)

2021年に購入した ミスティーク。
花芽がついたものを購入しました。

タヒチマルシェさんは、購入後、わからないことや相談事があればLINEでお答えいただけるので、心強いです。

三又に分かれており、そのうちの1本が届いた年に開花。
残りは翌年に持ち越しに。

冬、室内管理にするため、あまり大きくなりすぎても困ります。
花芽がつくと枝が分岐します。
花が終わると太い枝をカットして、また挿し木してコンパクトにして育てるのを繰り返しています。

我が家でそれまで咲いたことのある枝は、ルブラ種の白のみです。

これは、いただいた枝を挿し木したもの。
花芽をつけるためには、リンを多く含む成分(骨粉など)が必要ですが、花を咲かせるために、特別なことはしておらず。

大きく育てる→3年に1回くらい花が咲く
と言う原始的な方法で時間に任せています。

実家に分けてもらった2種類や(ピンクカーリー&赤)、種まきで育てた5種類(花色不明)も育てているので、毎年どれかが咲いてくれるといいのですが。。。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次